リズムを変えてみよう

リズムを変えてみよう

基本のメロディを変化させる方法として、音の高低を変える他にリズムを変えるという作曲方法もあります。

 

基本のメロディが5つの音でできている場合、同じ手拍子のリズムで5つの音がずっと進行するとしたら非常に単調な印象になりますね。
これを2つ目と3つ目の音を少し早めてみるとどうでしょう。
少し軽快な雰囲気に作曲できたのではないでしょうか。
同じように、2番目と4番目の音を少し長くしてみましょう。
ゆったりとした感じが出てくるはずです。

 

リズムを変えることによって、同じ音の高低でもイメージがガラリと変わることがわかりますね。
その基本になるリズムが曲のイメージを左右するといってもいいでしょう。
なぜなら、ほとんどの曲は同じリズムの繰り返しで構成されて作曲していることが多いからです。
その方が聞き手にすんなりと受け入れられやすいという傾向があるようですね。

 

作曲において、基本のメロディを変化させるリズムが重要だということがわかってきました。
作りたい曲のイメージに合わせてリズムを考えてみましょう。

サイトマップ