音階(スケール)について

音階(スケール)について

音階とは、文字どおり音の階段のことです。
といっても、実はいろんな階段があります。
作曲の手順のところでドレミファソラシドと何気なく書きましたが、それが音階のひとつです。
キーによってそれぞれ音階があるわけですが、ハ長調の音階がドレミファソラシドということなのです。

 

1音あげる場合と半音上げる場合とで、階段の段の高さが違うので、その組み合わせによって、音階が作られることになります。
ドレミファソラシドの音階は、「1音・1音・半音・1音・1音・1音・半音・・・・」の段の高さで並んでいるのですが、これが長音階といわれるものです。

 

つまり、必ずしも「ド」の音から始まらなくても、この階段の間隔を守って音が出せれば長音階になるということですね。
これがキーを変えるということになりますが、「ソ」の音から始めて「ソラシドレミファ♯ソ」と音を出しても「1音・1音・半音・1音・1音・1音・半音・・・・」の間隔で階段が並んでいる長音階です。

 

長音階とは違う短音階というものもありますので、キーによってたくさん音階があることがわかりますね。

サイトマップ