仕事としての作曲

仕事としての作曲

作曲を仕事でやっているのか、趣味でやっているのか、それはずいぶん大きな違いですね。
趣味でやっているのであれば好きな時に好きな曲を作っていればいいということになりますが、仕事でやっているのであれば締切もあるでしょうし、当然好きな曲を作っていればいいということではないでしょう。

 

作曲の仕事というと、いろんなジャンルが考えられます。
例えばテレビに出てくるような歌手が歌うポップスや演歌、映画のバックで流れるような曲、ゲームの動きや画面に合わせた曲、地元のスーパーで流れている社歌、それらもすべて作曲家がいるということになりますね。

 

作曲を仕事にしたいと考える人も多いのでしょうが、有名な歌手の曲を作れる作曲家はほんの一握りです。
世間で求められているのは、フレキシブルに求められているイメージの曲を作曲できる作曲家ではないでしょうか。
何度も聞いているうちに覚えてしまう地元スーパーの曲、ゲームの進行を盛り上げたりするゲーム音楽、私たちの周りにあふれている身近な曲を作ることができれば、作曲を仕事としてやっていけるのかもしれませんね。

サイトマップ