まずは鼻歌から

まずは鼻歌から

まず、作曲のすべての元になる1フレーズから考えましょう。
ほんの短い音の集まりでいいのです。
思いつくままにフンフーンと鼻歌で歌ってみましょう。
基本の1フレーズ、ひらめきましたか。

 

次にそのメロディがどの音で構成されているかを調べてみましょう。
構える必要はありませんが、ここはちょっぴり重要です。
フンフーンの鼻歌が、これから作曲する曲になる第一歩だからです。
基本のメロディがどの音でできているのかを探し当てることができれば、作曲家への第一歩を踏み出せる、ということになりますね。

 

ここで、楽器が手元にあればそれを使うこともできますし、なければパソコンでも構いません。
ピアノの鍵盤が表示されて実際の音が鳴るサイトやフリーソフトがありますので、それらを使用しましょう。

 

とはいえ、楽器をさわったこともない人がいきなり鍵盤を見ても、どうしてよいやらわかりませんね。
基本のメロディの音を探し当てるために、次のページではもう少し音について詳しく書いてみましょう。

サイトマップ