音を出してみよう

音を出してみよう

それでは、いよいよ作曲らしくなってきます。
自分の基本メロディを曲にすべく、楽器もしくはパソコンで音を出してみましょう。
適当に音をならして、まず基本のメロディの最初の音を探して作曲しましょう。
自分のフンフーンの鼻歌と比較して、それより低い音であれば少しずつ高い音をならしながら最初の音を拾います。
最初の音を間違えると、そこから全部ずれてしまうので、作曲では最初の音が肝心です。

 

最初の音がわかったら、次の音を探しましょう。
最初の音を基準にして、それと比べて高いのか低いのか、見当をつけて音を出していきます。

 

音を出しているうちに自分の基本のメロディが変わってしまったり、わからなくなったりしてしまわないように、基本のメロディは録音しておいた方がいいかもしれません。
それを再生しながら、音をだして合わせていけば間違いないですね。
せっかく探した音も忘れてしまわないように書いておきましょう。
作曲では、これを五線譜に書ければ楽譜ということになるわけですが、そんな立派なものでなくてもかまいません。
カタカナでラ・ソ・ド・・・というメモ程度で十分です。

サイトマップ